忍耐力

最近では離婚をしたと言う話しを聞くのはよくある事で、あまり珍しく感じる事もなくなりました。

たかが紙切れ一枚、そんな感覚でスピード離婚もよく見かけるようになったし、バツがいくつもついているのも恋多き人間と思われくらい軽いものになっている気がします。

確かに紙切れ一枚で夫婦となり、紙切れ一枚で他人になれるのは事実かもしれませんが、だからといって世間がこんなにも離婚を軽く扱ってしまう風潮はあまり良くないのではと思う事があります。

世間が当たり前に考えるという事は、それだけ離婚がしやすい環境にいるという事です。 離婚のイメージが悪くなく、誰もがしていると思えば、離婚をしやすくなるという事。そんな環境にいる事は、大した理由でもないのに離婚をしてしまう人が増えてしまうのです。

本来ならばもっと良く考え、結婚をしなければいけないのに、軽々しく結婚し、簡単に離婚をしてしまうわけです。 そんな世間にならない為にも、結婚とはもっと重いものであり、離婚とは難しい問題である必要があるのではないかと思います。

世間が離婚をもっと重く考える事で、離婚をせずに努力をして夫婦生活を続ける人々や、簡単に結婚をするのではなく、よく考えてから責任を持って決断する事が出来るようになるはずです。